気になる

競歩山西利和!実績と東京オリンピックへの出場可能性は?

更新日:

京大出身、山西利和選手のプロフィールは、以前の記事でお伝えしましたが、実際選手としての評価や実績が気になりますよね!

そこでこのブログでは、

◆関連記事◆
競歩山西利和のプロフィールや実績を調査!

  • 山西利和選手全日本競歩能美大会で初優勝!
  • 山西利和選手その他の実績
  • 東京オリンピックへの出場は?

について、調査しました!

全日本競歩能美大会で初優勝!

陸上の世界選手権(9月開幕・ドーハ)代表選考会を兼ねた全日本競歩能美大会が17日、石川県能美市の日本陸連公認コースで行われ、男子20キロは京大出身の山西利和(23=愛知製鋼1時間17分15秒という驚異的な記録でが初優勝。初の代表に決まりました!

普段は冷静な山西がゴールでは感情を爆発。レース後のインタビューでは目に涙も浮かべたが「一瞬うるっときたが、やはり心の中ではここからという思いがある。ここで感極まっている場合じゃない」と振り返っていましたね。

 ラスト勝負で苦杯をなめた過去のレースを反省して臨んだ。「ラスト2キロ勝負は決めていた。最後には学生との勝負にも勝てた」と話していたそう。

山西利和選手その他の実績は?

2013年から2019年まで、ほとんどが表彰台を勝ち取っている事が分かります!
きちんと調整ができて、試合に臨んでいるのでしょうね!

ユニバーシアード 20KW 優勝 2017年
日本選手権 20KW 3位 2017年
日本インカレ 10000mW 優勝 2017年
日本インカレ 10000mW 優勝 2016年
世界ユース選手権 10000mW 優勝 2013年

東京オリンピックへの出場は?

東京オリンピックへの出場については、世界選手権で3位以内に入った日本選手が東京オリンピックの代表に内定します!

今回優勝した、山西利和選手以外にも、日本選手権で優勝した高橋英輝が世界選手権出場へ内定していて、気が抜けない状態ではあります。

過去の取材では、このように答えていました。

メディアから脚光を浴びていることについては、京大生というところが大きい。自分に実力はない」と、勘違いしないように言い聞かせているそうだ。浮足立つことなく、自分の置かれた状況を客観的に見ることができる。”黒縁メガネの外見”はいかにも頭が良さそうだけど、”中身”もクレバーな選手なんだなぁと思う。

上記の様な気持ちを持ちながら、日々練習を重ねている山西利和選手。東京オリンピックへの出場も夢ではないと筆者は思っています!

まとめ

京大出身の山西利和選手が、世界選手権代表決定しました!
ゴールでは感極まっていましたが、「感極まっている場合ではない」と自分を鼓舞していた姿が印象的でした。

近年の大会でも、好成績を残しており、このままの調子で、東京オリンピックへの出場枠も獲得してほしいですね!

◆関連記事◆
競歩山西利和のプロフィールや実績を調査!

-気になる

Copyright© 楽しいコーヒーライフとニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.