速報

清宮幸太郎の骨折場所はどこで手術も?完治までの期間や復帰試合がいつか調査!

更新日:

こんにちは。

日本ハムの清宮幸太郎が骨折、侍ジャパン強化試合を辞退と球団が発表しましたね。

怪物と呼ばれている、清宮幸太郎とはいえ心配ですよね。

そこでこのブログでは、

  • 清宮幸太郎骨折の場所は?
  • 手術は必要?
  • 試合に復帰できるまでの期間は?
  • 骨折完治までの期間はどれくらいかかる?

を書いていきます!

清宮幸太郎骨折の場所は?

清宮幸太郎の骨折の場所ですが、「有鈎(ゆうこう)骨骨折」と診断されました。

有鈎(ゆうこう)骨はバットのグリップがちょうど当たる部分で、過去、多くのプロ野球選手が負傷している箇所。

スイングした際や、ファウルチップの衝撃で折れるケースがほとんど。

長い月日の蓄積による疲労骨折なのですね。

手術は必要?

治療は保存療法と手術の2種類に分けられますが手術となる事が多いです。

清宮も手術となるかもしれませんね。

試合に復帰できるまでの期間は?

手術した場合のスポーツ復帰スケジュールは以下になります。

  • 手術後2週間  固定をする。
  • 手術後2週間~ 固定が外れたら手首の可動域訓練、前腕や指、手首の筋力トレーニングを開始する。
  • 手術後4週間~ 運動を開始する。その後、徐々に実践的なトレーニングを始めていく。
  • 手術後6~8週間 スポーツ復帰

試合に復帰できるようになるまでには、最低でも6~8週間はかかるようですね。

骨折完治までの期間はどれくらいかかる?

清宮の復帰期間に関する情報は、まだ出ていない。

近年では近年ではヤクルト・雄平が全治2~3カ月の診断で手術。

中日・高橋も手術を経て、復帰までには3カ月を要したため、清宮も復帰までに同様の期間はかかるとみられている。

ここは、無理をして選手生命を短くするよりは、治療にしっかりと専念してから復帰・活躍してほしいと筆者は願っています。

-速報

Copyright© 楽しいコーヒーライフとニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.